2017年11月03日

みんなでつなごう!門真の輪~!!

こんにちは。NPO法人ことはじめ 森安美です

今回のゲストは、11/12(日)に開催される「RUN伴+門真」の実行委員長、角脇知佳さん。

角脇さんは、デイサービスりんく門真の施設長さんです。

「RUN伴+門真」とは、認知症の方や家族、支援者や市民などが、助け合いながら門真の町を共に歩き、伴に走るイベント。

参加者全員、おそろいのオレンジ色のTシャツを着用するのですが、背中にはれんこんマークとともに「みんなでつなごう 門真の輪」と書かれています!

171103-2.jpg

みんなでつながれば、認知症になっても暮らしやすい門真のまちになっていくはず

そんな想いで、角脇実行委員長をはじめ、実行委員の皆さんが熱い想いで準備をすすめています。

昨年に引き続き、2回目の今年は、門真市スポーツレクリエーション大会のプログラムの一つとして開催。

門真市民プラザをスタートし、市内3コースを走行し、門真市民プラザのゴールをめざします。

途中、高齢者施設や病院を中継地点として経由するのですが、今年は、なんとイオン古川橋駅前店も中継地点に

さらに、イオンでは認知症の方や高齢者が出演する「RUN伴コンサート」が同時開催されます

これは、まちがえたってOK~!なコンサートです。

認知症になっても、介護が必要になってもいきいきとステージに立つアーティスト?の皆さんに大きな拍手を!

そして、11/12(日)門真の町でオレンジTシャツを着て、歩いたり走ったりしているランナーを見かけたら、応援してくださいね~

171103-1.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 23:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

認知症になっても、ならなくても住みやすい町づくりにご参加ください

松下介護老人保健施設の医師の大野 悦子と、支援相談員の金田 ゆきです。
今回は、看護師の浅田に代わり、大野&金田の初コンビで参加させて頂きましたヾ(≧▽≦)ノ

すっかり季節は秋
秋と言えば、イベントシーズンですよね。
今回の放送では、最近増えてきている「町づくり」イベントについてお話させて頂きました。

「認知症になっても住みやすい町づくり」が各地で行われる中
守口市でも10月15日(日)に「明日のために今繋がろう!認知症になってもやさしいまち守口」をスローガンとした認知症啓発ウォーキングイベント「守口らんらん♪」が開催されました。

  171020-3.jpg 

  ゴールゲート写真.JPG

FM-HANAKOさんの中継や、守口市のキャラクター「もり吉」も参加してくれるなど、守口市の沢山の事業所の協力を頂き、300名近い方々のご協力を頂く形となり盛大なイベントになりました。スゴイ!!\(^o^)/

お隣でも「RUN伴+門真」という、認知症啓発のタスキリレーが11/12 10:00~13:00に行われます。市民プラザを中心にオレンジ色の参加者が町を歩きますので、お近くの方や見かけた方は是非とも声援を送ってあげてくださいね。

秋と言えばもう一つ。介護の日があります。
「介護の日」とは、介護についての理解と認識を深める日として11月11日が制定されました。この日は「「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」という意味があります。「いい日、いい日」と覚えてください。
「介護の日」に合わせ、全国で介護フェアーが沢山行われるようになりました。
はーとぴあでも今年は11/19(日)13:30~15:00に介護教室を行います。

出掛ける事、色々な行事に参加する事も認知症予防や体の活性化に繋がりますので、みなさんどしどしお出掛けくださいませ!!

  171020-1.jpg

  171020-2.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 23:55| Comment(0) | 認知症 | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

高齢者の心の隙間に要注意!!

こんにちは。NPO法人ことはじめ 森安美です

先月に引き続き、守口門真総合法律事務所の村上和也弁護士にご出演いただき、「遺言」にまつわることをお話しいただきました。

超高齢社会になり、一人暮らしの高齢者が増加しています。

悪徳商法の被害者の話として「優しいお兄ちゃんがいつも来てくれて、親切にしてくれてたんや」とよく聞きます。

下心の優しさをつい信頼してしまう方が、一人暮らしの方には多いようです。

また、妻に先立たれた高齢の男性の心の隙間を突いて、資産を狙う女もいるとか!?

大竹しのぶ主演の映画で高齢男性の資産を狙い婚姻を繰り返す「後妻業の女」がヒットしましたね🎬

でも、それは映画の話だけではなく、現実に存在するんですって

村上先生のご経験にもそのような事例はあるそうです。

本物の愛情か、下心の優しさか。

人は孤独な時に優しくされると冷静さを失います。

親御さんがお一人暮らしの娘さんや息子さん

一番大切なのは、やはり家族の関わりです。時々電話でお話するだけでも、孤独感から解放されます。

「後妻業の女」の入る隙を防ぐ方法は、家族のちょっとしたコミュニケーションなのかもしれませんね。

さあ、秋の行楽シーズンです

たまにはおじいちゃんやおばあちゃんと一緒に、お弁当持ってお出かけしてみられてはいかがでしょうか

  171016ゲスト:村上弁護士.jpg

 
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 21:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする