2017年03月10日

欲張りな人生を応援します!

こんにちは。NPO法人ことはじめの 森安美です

今日は、羽曳野市からライブラリーケアブランセンターのケアマネジャー山下勝巳さんにお越しいただきました。
山下さんは、なんと漫画「ヘルプマン!」(講談社)の一部監修もされているのです

この漫画は、介護の現場で働く若い新米ヘルパーの青年が熱いハートをもって、要介護高齢者や認知症の人たちと織り成す笑いあり涙ありのストーリー。
介護の現場での様々なジレンマにぶつかりながら、本当のヘルプマンとは?ということが描かれています。

介護の世界ではどうしても「安全、安心」が優先されます。
もちろんそれはとっても大事!
でも、人が生きていく中で「安全、安心」を目的にしたサービスで、本当にその人らしい豊かな暮らしをサポートしていると言えるのかな…。
私もそんな疑問とジレンマを感じています。

山下ケアマネジャーは、もっとその人の「」にフォーカスし、「欲」をかきたて、「欲」を実現する支援が、介護の世界にもっと必要な視点ではないかと語られていました。
まさにリアルヘルプマン!
そうですよね…。私も、いくつになっても、欲張りに生きていきたいなあ〜。
 私がオバあさんになっても 海に連れてってね〜〜
未来の介護の世界で働くヘルプマンの皆さん、期待していま〜す

 170303.jpg




posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする