2018年06月29日

「パーソンセンタードケア」って??

松下介護老人保健施設の介護福祉士の松浦和孝です!

初めてのラジオデビューで緊張しましたが、大内さんのリードで本番はリラックスして楽しくトークすることができました(^~^)

今、私は、大阪府の推薦をいただき、認知症介護指導者(現在、全国で約2000人、大阪府下には約80人います)になるための養成研修を受講中です!研修期間は9週間と長期に渡るかなりハードな研修ですが、学びも多く、同期の仲間と一緒に頑張っています!

みなさんは、「パーソンセンタードケア」って聞いたことがありますか?介護に携わっている方は、研修などで学ばれた方も多いのではないでしょうか。

「パーソンセンタードケア」とは、認知症をもつ人を一人の「人」として尊重し、その人の立場に立って考え、ケアを行おうとする認知症ケアの一つの考え方です。
言い換えると、認知症の人の心理的なニーズを満たし、「どんな状態になっても、私は大事にされている、必要とされている、誰かとつながっている、自分の役割を果たせている」と感じられるような相互関係をつくることです。
パーソンセンタードケアは、イギリスをはじめ、広く世界に広がり、日本でも定着しつつあります。

みなさんは、誰かに言われて嬉しかったこと、やる気がでたひと言ってどんなことがありますか?
わたしが一番嬉しいのは、「いつも頑張ってるねー!」とか、「ありがとう!」とか、「あなたがいてくれてよかった!」と褒めてもらえた時かな。

人は、「認められた」「頑張りをみてくれていた」「受け入れられた」といった時に嬉しくなったり、やる気がでると思うんですね。 
認知症の人も私たちも一緒なんです!
何も特殊な人じゃないんです!
だから、認知症の人を、認めたり、頑張りをほめたり、受け入れるってことがとても大切なんですね!
それは、特別にあたらしいことではなくて、人としてごくあたりまえのとても大切なことなんじゃないかなと思います。

今日お話した「パーソンセンタードケア」の考え方がもっと広がって、認知症の人も家族も誰もが過ごしやすい地域にしていけたらなと思っています!

 180629.jpg


posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 22:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする