2019年05月31日

みんな笑顔に!ゆめ伴マーケット!!

こんにちは!NPO法人ことはじめ 森安美です

今回のゲストは、なるなるケアプランセンターの成瀬由紀子さん!
5/25(土)に開催した
ゆめ伴マーケット」のお話を一緒にしました。

ゆめ伴マーケットは、地元のタオル会社の取締役の女性から
元従業員が認知症となり施設に入所してしまったが、
 薄れゆく記憶の中で少しでも一緒に楽しめる機会を作りたい

という声がきっかけなのです。

ぜひその夢を実現しよう!ということになり、
門真市三ツ島にある街かどケアホームれんかさんの場所をお借りし、
タオル屋さんだけではなくパン屋や花屋、駄菓子屋などの地元企業さんにもお声がけし、認知症の人が一緒にお店で商品を販売できるようなマーケットを企画しました。

当日は、子ども連れなど200人以上が来場され、
老若男女の笑顔と笑い声があふれた一日に!
このマーケットのきっかけとなったタオル会社の元従業員の女性も、
この日は元職場の仲間に囲まれて、
満面の笑顔でタオル販売をされました。
また、タオル会社の取締役の女性も
「自分が若い頃からお世話になった大切な人だから、
 こうして1日でも一緒に働けて嬉しい」
と喜んでおられました

それだけではなく、屋内では
認知症の人や高齢者の手作りほのぼの市も開催。
成瀬さんがケアマネジャーとして担当する
高齢者の方の手作り品も販売しました。
「手作りアクリルたわしと手書きの絵手紙、
 セットで200円!!安いよー」
と言う声に乗せられ(笑)私も買っちゃいました。
おかげで、我が家の台所のシンクはピカピカです!
成瀬さんとは、今後もゆめ伴プロジェクトメンバー仲間として
一緒に、認知症になっても輝けるまちづくりを
楽しんでいきたいと思いま~す!!

 190531ゲスト:成瀬由紀子さん.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 18:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

認知症レベルアップ講座

松下介護老人保健施設の看護師の浅田です

過ごしやすい季節はあっという間に去って、
30℃越えの暑い日々が続いています。
この時期、身体が暑さに慣れていないため
熱中症になる人が増えているので 気をつけましょうね(*^_^*)

今回は、
認知症サポーターやレベルアップ講座
の紹介をさせて頂きました。

認知症を正しく理解し認知症の人や家族を温かく見守る応援者である認知症サポーター。現在、守口市にはオレンジリングを持った認知症サポーターは約7千人います

また、守口市には、もっと認知症について勉強したいという方のためにレベルアップ講座があります

ハートねっと守口主催のレインボー講座の他、
北原医院主催のステップアップ講座や
守口市主催のステップアップ講座など増えてきています。

2016年より、ハートねっと守口が取り組んでいるレインボー講座ですが、第5回目が5月11日より始まっています。
1日2時間30分の講座が3回のコースになっていますので、
あと6月8日・6月29日の土曜日に開催予定となっています。
セミナー毎に可愛いミニリングを配布し、
最終的に七色のレインボーリングが完成します🌈

5月11日は、一般市民と介護やケアマネなど専門職の方、41名が参加されました。
前半は認知症の原因となる病気のことや検査・治療薬のこと、予防のことなど、
後半は、アルツハイマー型認知症のバアちゃんと
その家族が織りなすドラマ「バアちゃんの世界」の動画を見ながら、
バアちゃんの思いや心情、家族や周りの人たちの良い対応と良くないなと思える対応をグループで話し合い、発表しました(#^.^#)

認知症の人の行動には、必ず理由があるんですよね。
認知症という病気を知ること。
認知症の人の立場に立って、なぜ、そんなことをするのかな?って、
考えてみることは大事ですね。
小野薬品提供の「バアちゃんの世界」という動画は、
認知症の人の行動とその理由、
家族や介護者の対応のヒントをわかりやすく紹介しています(*'▽'*)

ぜひ、インターネットで「バアちゃんの世界」を
検索してみてください^_^

 190517.jpg

posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 21:52| Comment(0) | 認知症 | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

イギリスで80歳の認知症の男性が歌手デビュー!

こんにちは。NPO法人ことはじめの森安美です

今回は、イギリスのテディ・マックさんという
80歳の認知症の男性が、
新人歌手としてデビューした実話をご紹介しました🎵

テディは認知症になり、突然怒り出したり、
息子のこともわからなくなります。
悲しみに暮れる息子でしたが、ある時、
部屋でイキイキと歌う父テディの姿を見かけました。

父テディは17歳の頃からプロ歌手を夢見ていたものの
経済的な事情もあり、諦めていたことを息子は思い出したのです。
介護疲れのお母さんにも笑顔になってもらいたいという想いで、
カメラを回し、父テディの歌う姿を撮影し、
同じ境遇の人の希望になればと
動画サイトにアップするようになりました。

すると、その素晴らしい歌声に世界中から反応があり、
ついにレコード会社からも
レコーディングの話が舞い込んで来たのです✨
そしてついに、80歳で新人歌手に!

その歌声が本当に素敵なんです💕
今日は「クアンド クアンド クアンド」を聴いてもらいました。

認知症は辛さや苦悩をもたらすけれど、
その中にも喜びや幸せも見つけられることに気付かされました💕
詳しくは、下記のホームページでテディの歌声をお聴きくださいね🎵

https://www.universal-music.co.jp/teddy-mac/biography/

  190503森さん.jpg


posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 21:08| Comment(0) | 認知症 | 更新情報をチェックする