2019年09月20日

認知症のリスクから遠ざかるには!

松下介護老人保健施設の看護師の浅田です

すっかり朝晩が涼しくなりましたね。
なんともうインフルエンザにかかったという話も聞きますので、
みなさん気を付けましょうね(*≧∀≦*)
ちなみに、紅茶をこまめに飲むと
喉からのインフルエンザウイルスの感染を防げるとか
私は、それを信じて飲み物は紅茶にしています。
(もともと紅茶派なんだけど・・・・)

さて、9月4日のエナジーホールでの市民公開セミナーには
多くの方にご参加いただきありがとうございました。
セミナー前の、骨密度やお肌チェックなども早くから並んで頂き
ありがとうございました。
みなさん、とても健康への関心が高くすばらしいですよね

めざせ!イキイキ元気100歳のテーマで、
転倒予防や認知症予防についてのお話でした。
誰もが望むところは、ピンピンコロリでしょうか。

そこで、今回のほっとサロンは認知症予防についてのお話でした。
認知症の発症には10年から20年にわたる
長い道のりがあると言われており、
認知症に気づいて手をうつのではなく、早めに予防を始める時代。
東京健康長寿医療センター研究所が監修し
社会保険出版社からでているパンフレットの
認知症のリスクから遠ざかる10のポイント『10’sルール』
について紹介しました。

内容をみてみると、やっぱり
食事・運動・睡眠の生活習慣を見直すことが一番ですね

朝食をしっかりとって、偏食をせずバランスよくとること。
そして、しっかり噛むこと。
食生活って、人間の身体を作るみなもとですし、
いろんな病気の原因にもなりますよね。

しっかりと腕を振って姿勢よく歩くこと。
スキマ時間をみつけて運動すること。
運動は、骨や筋肉を丈夫にして元気な身体を作ってくれますね。

睡眠時間をしっかり確保すること。
人間は寝ている間、脳は疲れを癒しながら
その日の情報を整理したり、記憶の定着をしているそうです。

あと、お酒は適量を守ること。タバコはできればやめましょう
そして、定期的に健診を受けることと、
正常値より高い・低いのマークがあるので、
結果に関心をもつことも大事ですね。などなど・・・

生活習慣の見直しは、いつから始めても遅くはありません。
一緒にがんばりましょう~


最後に、今年も守口らんら♪しますよ~
10月6日 日曜日の10時から開催(小雨決行)    
出発地点は、
はーとぴあ・温泉屋デイサービス・デイサービスゆいのカ所
それぞれのスタート地点を朝10時に出発、
中継地点で水分補給や休憩をしながら
ゴール地点の『老健はーとぴあ』へ。
車椅子を押してもらっての参加も大歓迎です。

ゴールで、今年も中村めいさんが、
アコーディオン演奏で迎えてくれますし、
KICOさんのミニライブがありますよ
そして今回は、守口市バトングループの子供達によるバトンの披露や
よさこいソーランチームのみなさんによる踊りを予定しています。

たくさんの方の参加をお待ちしています
 
 190920.jpg

posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 19:07| Comment(0) | 認知症 | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

ダンスでつなごう!地域の輪~!!

こんにちは。NPO法人ことはじめ 森安美です

今回は、関西医科大学の三宅眞理先生にお越しいただき、
認知症の人とつながる力~ダンスコミュニケーション~
についてお話していただきました!

言葉でのコミュニケーションが難しい認知症の人と、
手をつなぎ一緒に踊ることで言葉を使わなくても
コミュニケーションを取りやすくなります。

そのため、三宅先生は認知症の人とつながるためのダンスを考案し、
「一緒におどろう」という曲も作詞されています。

ダンスはとてもシンプルで、
誰でもすぐに覚えられてカッコよく踊れます
歌詞は、「あなたとわたし 一緒におどろう」という
素敵なフレーズが一体感を生み出します

せっかくなので、生放送中に曲を流して
大内さんもご一緒にスタジオでも踊ってみましたー
たった2分間なのに、踊った後は気持ちも身体もポッカポカに!
(詳しく表現すると汗だく(笑))
なんだか、楽しいー気分で笑顔でいっぱいになりました

 190906-03.jpg

 190906-02.jpg

認知症の人と地域の人や子どもたちも
みんなで手をつないで一緒に踊ったら、
とても素敵な感じですよね!!
これから、いろんな場面で一緒に踊っていきますので、
皆さんも一緒に踊ってくださいね!
認知症の人と共に楽しむまちづくりが、
どんどん楽しくなってきましたー!!

【曲のご紹介】

一緒におどろう (作詞:三宅眞理 作曲:奥野勝利)

①あなたと私 ゆっくりと踊ろう
手と手を取って ゆっくりと踊ろう
遠い宇宙も 青い海も
あなたと私 ゆっくりと踊ろう

②あなたと私 ゆっくりと歩こう
手と手を取って ゆっくりと歩こう
彼方の山も 続く砂漠も
あなたと私 ゆっくりと歩こう

③あなたと私 ゆっくりと踊ろう
心をあわせて ゆっくりと踊ろう
遥かな海も 遠くの空も
あなたと私 一緒に歩こう


 190906-01.jpg
 
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 21:33| Comment(0) | 認知症 | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

めざせ! イキイキ元気100歳

松下介護老人保健施設の看護師の浅田です

ここ数日、お天気が変わりやすいですね。
昨日・今日と急に曇り空になりスコールのような大雨に
ビショ濡れになった方も多いのではないでしょうか。

昨日、エナジーホールで行われた市民公開セミナーに
200名以上の沢山の方にお越し頂き、誠にありがとうございました。
『HANAKOで聞いたから来たよ』と声を掛けて頂き、
とてもうれしかったです

さて、今回(8/30)は健康で長生きをテーマにお話をしました。
誰もが望むところは、『ピンピンコロリ』ではないでしょうか。

最近、TVを見ていて多いなと思うのは・・・
人生100年時代という言葉です!

ネットには、
100歳まで生きれる確率までもが表になって載っています。
例えば、現在42歳の女性だと2人に1人で、
65歳の女性ですと4人に1人の確立で100歳まで
生きられるというのです

日本人の平均寿命と健康寿命の差は、
男性が9年、女性が12年といわれています。
この差を、いかに短くするかが『ピンピンコロリ』への近道ですね

子宝で長寿の島って、みなさんご存知でしょうか?
100歳以上の高齢者の数が、全国平均の3倍以上ということで
TVでも紹介されました(*^_^*)

なんと、私の田舎 徳之島です!
90代でも元気に畑仕事をしたり、家事をしているんですよ。

そんな、徳之島の健康長寿の秘訣は・・・

➀豚肉をよく食べる(良質のアミノ酸が多い=筋肉のもとになる)

➁自分で家事をするので、軽い運動が体力を保ち体が丈夫。
 更に、認知症予防にもなる。

➂立ったまま靴下やズボンを履いたりするので、
 体幹が鍛えられバランス力がUPし転倒しにくい。

➃毎日、畑仕事など外で作業をするので、
 日光を浴びてビタミンDが活性化され骨や筋肉が丈夫!

➄サトウキビが島の基幹産業で黒砂糖を食べる習慣があり、
 お砂糖と比べて非常にミネラル成分が多いので
 高血圧になりにくい。

➅島は花崗岩からなっており、
 水道水はカルシウムを多く含む硬水のため、
 骨年齢が実年齢に比べて若い人が多い。


などの特徴があり、健康で長生きの方が多いそうですよ。

さらに、徳之島には400年の歴史をもつ闘牛もさかんなんです
年に十数回、あちこちの闘牛場で
全島一をかけて戦いが繰り広げられます。
この闘牛を応援するのも、
楽しみでもあり元気のみなもとでもあると思います(#^.^#)

最後に島の方言を紹介しますね。

きゅうがめ~ら(こんにちは)
徳之島かち もーちたぼりよ~(徳之島にお越しください)
おぼらだれん(ありがとうございます)

 190830.jpg


posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 15:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする