2020年09月18日

9月は世界アルツハイマー月間!

松下介護老人保健施設はーとぴあの看護師の浅田です

9月後半に入ってからは暑さも和らぎ、
朝晩がとても涼しくなりましたね(*≧∀≦*)
今のところ、台風13号も東側へと外れてくれてちょっと安心ですが、
9月1日は『防災の日』
台風も地震も備えあれば憂いなし、
防災グッズの見直しもしましょうね

更に、9月は認知症にとても関係のある月なんですよ!
9月21日は世界アルツハイマーデーとして、
日本でもさまざまなイベントが開催されました。
厚労省もこのイベントに積極的で、
認知症の人と家族の会の取り組みを支援したり、
全国各地のランドマークや庁舎などが
オレンジ色にライトアップされたり、
国をあげて認知症の啓蒙に取り組むようになったなと
嬉しく思います。

関連した取り組みとして、
ニヨ活フェス24hオンラインというイベントも開催されました。
(実は、このようなイベントがあることを初めて知りました)
ニヨ活ってなあに?って思われた方も多いですよね。
ニ:認知症
ヨ:予防
活:活動

の事だったんですね!

今年はコロナ禍で一度に会してのイベントはできないので、
You-TubeやFacebook、Zoomなどを使って、
20日の18時30分~21日の18時30分までの24h通して
ず~と色んなイベントが流れていました。
認知症になっても安心して暮らせる社会を目指して、
もっともっと沢山の人との絆が広がればと思います。

9月は世界アルツハイマー月間、
通所ご利用者のIさまの手書きの文字を施設の窓口に飾りました

 200918.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 23:56| Comment(0) | 認知症 | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

コロナ禍で生まれた高校生と高齢者のWEB交流会

こんにちは!ゆめ伴プロジェクトの森安美です

今回は、ケアプランなるなるのケアマネジャー成瀬由紀子さんと
出演しました。
とにかく明るく、高齢者の方々への想いが熱い成瀬さんから、
私はいつも愛を学ばせていただいています💛

何度か番組でも紹介していたコロナ禍に始まった
門真なみはや高校の生徒と
地域の高齢者の方々との文通プロジェクトは、
手紙のやりとりをするうちに
お互いに「会いたいね」ということになり、
9/15に高校で交流会をしようということになっていました。
でも、まだまだ感染リスクも高く、中止するしかないか…、
というところでしたが、そこで私たちはあきらめませんでしたー

「ZOOMを使ってWEB交流会ができるんじゃない?」
「全員が参加することは無理でも
 可能な人だけども何とかならない?」
「特養は、最近面会もZOOM活用しているから、可能やで!」


成瀬さんも、ご担当している利用者の方が文通をされており、
「ご利用者さんを交流会の日にデイに来てもらって、
 デイでZOOMができるかも!」
と、体制を整えてくれました。

介護関係者が何とかお互いのご対面を実現させたいという
熱い思いもあり、
ZOOMを活用できる環境が整った高齢者5人と
なみはや高校の12人の生徒とのZOOMを活用した
WEB交流会が実現したのです。

 200904-2.jpg

高校生は、自己紹介やクイズ、
「一緒に体操をしましょう」とオリジナル体操を披露してくれて、
画面越しの高齢者の皆さんも
ニコニコ笑顔で一緒に体操をされていました。
初めてご対面する文通相手とも
画面越しにお話しができて皆さんご満悦の様子
最後はみんなで「ふるさと」を合唱して終わりました。
本当に幸せな時間となりました!

コロナ禍でできないこともありますが、
新たに生まれる取り組みもあります。
「コロナ禍でも、高齢者の方々が笑顔でいられるために
 できることは全て取り組もうね」
と、成瀬さんと今日も熱く語り合っています

 200904-1.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 22:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする