2021年01月29日

リビング・ウイルとACP

松下介護老人保健施設はーとぴあの看護師の浅田です

コロナ禍で2度目の緊急事態宣言は、
予定よりも1ヶ月延長されましたね。
感染者数は全国的にも減少傾向にあり、
重症者数も少しずつ減少してきましたが、
まだまだ医療の逼迫が心配されています。

医療が逼迫すると、
入院できずに施設や自宅で待機する人が増えます。
NHKの番組クローズアップ現代でも、
~迫られる『命の選択』~
というテーマで放送されていましたが、
このコロナ禍で感染し病院に入院するとき、
どこまでの治療を望まれるのか必ず問われるようです。
例えば、
人工呼吸器やエクモなど人工心肺装置などを希望されるのか?

しかし、日本人の多くは『最期をどう迎えたいか』とか、
『死』に関する話はタブー視する風土がありますね。

リビングウイル(尊厳死)=事前指示書をご存知でしょうか?   
1976年アメリカで植物状態になった女性の両親が
人工呼吸器を外すよう裁判所に訴え、認められたことから、
終末期状態になった時に生命維持装置のさし控えや中止を、
判断能力のあるうちに書面で指示できるように法制化されました。

日本にも、日本尊厳死協会(会員が10万人余りの市民団体)があります。
リビング ウイルとは、
『あらゆる手段を使って生きたい』と思っている
多くの方々の意志も、尊敬されるべきこと。
一方、チューブや機械につながれて、
つらい闘病を続けることを強いられるのでなく、
『回復の見込みがないのなら安らかにその時を迎えたい』
と思っている方も多数いる。
延命治療をさし控え、十分な緩和ケアを施されて自然に迎える死。
『平穏死』や『自然死』を望む方々が、
自分の意志を判断能力のあるうちに記しておく
事前指示書のことです。

去年の今頃にも紹介しましたが、2018年から、11月30日を
ACP(アドバンス・ケア プランニング)=(人生会議)の日
と制定されました。
ACPは、本人と家族や医療従事者など、
本人に関わる人たちで『もしものとき』に備えて話し合う
というプロセスのことです。
(あくまでも本人の意思が尊重されるべきものです)
  
誰でも、
突然、重い病気になるかもしれません。
突然、事故により意識を失うかもしれません。
認知症になって、
自分の思いをうまく伝えられなくなるかもしれません。
コロナ禍で感染してしまい、急激に重症化するかもしれません。

そのような状況になってからではなく、

どんな治療を受けたいのか?
どんなサービスを受けたいか?
どんな介護をして欲しいのか?
どんな最期をむかえたいのか? 

など、元気なうちに、『もしものとき』に備えて、
家族や医療やケアの支援者を交えて話し合うことが
大事だと思います。

・・・まずは、
自分が何を大事に思ってきたのか(どうして欲しいか)
考えてみましょう。


*リビング・ウイルを作成する際には、
 ACPを行うことが推奨されています。
               
 
最後に、
街中に人の流れが多いということよりも、
やっぱり、ひとり一人がマスクを正しく着用して
手洗いなどをしっかりして
感染対策をすることが一番大事なように思います。


 210129はーとぴあ.jpg

posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 23:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

たかがラジオ体操!されどラジオ体操!!

こんにちは
ゆめ伴プロジェクトin門真実行委員会の森安美です
今回は、ラジオ体操をこよなく愛するラジオ体操のお姉さん
「ラジねえ。」こと上羽悠雅さんにゲスト出演していただきました

明るいラジねえ。さんのお話に、
スタジオも何だかポカポカになりましたよ
YouTubeでもいろんな場所でのラジオ体操の動画をアップしたり、
鬼滅の刃の曲でラジオ体操をやってみた動画を
アップしたりされていて、何だかラジオ体操なのに面白いのです。

そう、みんなラジオ体操が当たり前すぎて、
その魅力に気が付いていないのではないか?
とラジねえさんはお話されていました。
確かに、私も以前勤めていた会社の朝礼で、
事務所みんなでラジオ体操をするのですが、
ただ、みんなうつろな表情で腕をぶるんぶるんさせているだけの
儀式のような感じでしたね(笑)

先月、ゆめ伴プロジェクト企画で、
高齢者施設15か所をZOOMをつないで
オンラインクリスマス会を行いました。
その最初に、ラジねえ。によるジングルベルラジオ体操
みんなで踊って()みました。
施設で暮らす車椅子の高齢者の方々も、
画面越しですがみんなで一体感のあるラジオ体操の動きに、
笑顔でいっぱいになりましたよ
ラジオ体操って、
日本全国共通のコミュニケーションダンスと言えるのかも
身体が麻痺して動かない腕を
少しでも上げようとされる様子に感動
認知症でいろんなことを忘れてしまう方も、
ラジオ体操はバッチリ覚えておられる様子にも感動

たかがラジオ体操、されどラジオ体操
さあ、みなさんも身体を動かして、
今日も元気に一日を過ごしていきましょうねー

 210115.jpg 
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 20:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年01月08日

コロナに負けない!

松下介護老人保健施設はーとぴあ施設長の大野と看護師の浅田です。

いつも、認知症ほっとサロンを聞いて頂きありがとうございます。
今年も、どうぞよろしくお願い致します

昨年の1月にクルーズ船から始まった新型コロナ感染症。
最近は、大阪の感染者数だけで1日400人近く、
東京では1日1500人近い日もあり、
それぞれの数字に驚かなくなった自分が怖いです。
 
第1波は1月29日~6月13日、
第2波は6月14日~10月9日、
10月10日からは第3波といわれていますが、
第2波からは高齢者施設でのクラスターが増えています。
12月中旬には、
大阪で新しくコロナ重症センターがオープンしましたが、
感染者数と重症者数の増加の勢いが強く
医療の逼迫が心配されています。

コロナに対するワクチン接種を
来月下旬から始めると言われていますが、
いきわたるのにはまだ時間がかかるでしょうし、
となると、自分たちで自分の身を守るしかありません

コロナの感染経路はインフルエンザと同じで
飛沫と接触と言われています。
潜伏期間は1~14日ですが、だいたいの方が
陽性者と接触して5日ほどで発症することが多いようです。
大事なことは、
発症する2~3日前から人に感染させる能力があるということ。
つまり、熱や咳といった症状のない時期から
ヒトに感染させる恐れがあるわけです。

もう一つ大事なことは、
発熱や咳、嗅覚・味覚障害など、
何らかのコロナを疑われる症状が出てからPCR検査をした時も、
症状はないけど濃厚接触者としてPCR検査をしたときでも、
その時にPCR検査が陰性であっても安心はできないということです。
なぜなら、ウイルスが検査で陽性になる
十分量になっていないこともあるのです。
今回のクラスターの感染者にも、
1回目のPCR検査では陰性でしたが
5日後の検査で陽性になった方がいらっしゃいました。
疑わしい時は、1回目の検査から5~7日あけて
もう一度PCR検査をするか、
陰性であっても2週間は行動に気を付けて頂きたいと思います。

逆に、無症状でもPCR検査が陽性になることがあります。
その後、無症状陽性者のままの時もあれば、
数日後に発熱などの症状がでてくることもあります。
私たちの施設でも、
陽性でも症状のないご利用者がいらっしゃいましたが、
数日後には発熱などの症状がでてきました。

では、自分で自分の身を守るにはどうしたらいいでしょうか?
みなさんご存知のように、
3密を避け、マスク・手洗い・体調管理が一番です。

マスクは正しくつけていますでしょうか?
鼻が出ていたり、あごに掛けていたり、
腕に付けていたりは、だめですよね
マスクをつけるときは、鼻の中心部当たりに折り目を付け
鼻にフィットさせ、上下に伸ばして口と鼻をしっかり覆い、
すきまがないことも大事です

 210107_マスク.jpg
 引用:INFECTION CONTROL

また、手指消毒する時の1回使用量の目安は500円玉大です。
手洗いの時と同じように、
指先や指の間、親指・手首などにしっかりすりこみましょう。 

去年、施設では例年以上に感染拡大防止策を強化してきましたが、
残念ながら感染者が出てしまいました。
施設は病院と違い、家と同じく生活の場なので、
居室は寝るだけで、日中はフロアに出て集団で過ごしており、
マスクの声掛けや換気、三密回避などに注意しているものの、
感染を完全に予防するのはとても難しい現状です。
今回、陽性者が判明してから迅速に
全利用者・全スタッフにPCR検査をし、感染者を隔離できたことが、
感染拡大を抑え、比較的早く収束できた要因と考えています。
これもみんな、いろんな知識が蓄積されてきたおかげです。

今回、自分の施設でクラスターを経験し思うことは、

流行初期にクラスターが発生して、
情報が少ないなかで非常な困難を乗り越えられた施設が
その経験を発信して下さったおかげで、
私たちは色んな準備ができ、
現場の混乱も最小限に抑えることができました。
風評被害も強かった中で、
ほかの施設のためにと経験を発信して下さった
施設への感謝の念で一杯です。
私たちも、私たちの経験を語っていくのが恩返しであり、
なんといっても、罹患された方々やご家族の辛さや苦しみを
無にしないことだと思っています。

新型コロナは足音を立てずに
いろんな施設に、家庭に、忍び込んできます。
どうか、感染予防にお気を付けください。
感染を広げないようにご注意ください。

最後に、
感染されて亡くなられた方のご冥福と感染された方々が
1日も早く良くなられることを、そして、感染の収束を祈って。

 210107.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 17:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする