2016年09月18日

介護の連携はレンコンのごとく…

こんにちは。NPO法人ことはじめの 森安美です

今日のゲストは、牧リハビリテーション病院デイケア門真の名本あゆみさん。

名本さんはデイケア門真で支援相談員として、外部のケアマネジャーやヘルパーや訪問看護師などとの「連携の窓口」の役割を担っておられます。

認知症でお一人暮らしの方だと、介護保険の様々なサービスを利用して暮らしておられます。

そのご利用者さまと関わる担当者も、ヘルパー、訪問看護師、デイケアスタッフ、福祉用具専門相談員、往診医、ケアマネジャーなど様々。

さらに、これらの担当者はみんな異なる会社(事業所)だったりします

だからこそ、連携がとても重要なんですね。


介護保険制度では、これらの担当者が定期的に一同に集まり情報共有をする「担当者会議」を行うことになっています。

しかも、ご利用者さまのご自宅で開催するんですよ🏠

つまり、ご利用者さまの応援団の作戦会議ですね

そこで顔の見える関係を築きながら、応援団がチーム一丸となってサポートしていきます。

いいチームができると、やっぱりいいサポートができます。

名本さんは、他の事業所の専門職の人たちとチームとなることで、新たなつながりができ、ネットワークがどんどん広がることがとても嬉しい、とおっしゃっていましたよ


門真では、介護の連携はレンコンのごとく!と言われています。

門真の名産品と言えば…「レンコン」!

レンコンはおせち料理にもある縁起物で「風通しがよく、見通しがいい」と言われています。

介護が必要になっても、レンコンのような多職種のチームでサポートしますので、どうぞご安心を

160916.jpg

posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 08:14| Comment(0) | 介護 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください