2016年10月21日

どんどん広がれ!認知症カフェや家族会が果たす大きな役割(^^♪

松下介護老人保健施設のケアマネジャー岩佐と支援相談員の金田です。

「認知症ほっとサロン」には、岩佐は久しぶりの参加、金田は初参加ということで、
2人とも少し緊張しながらFM-HANAKOへ行かせてもらいました。

実は放送日の10/21は島根で震度6弱、大阪でも震度4の地震が起こった日でした。
放送前の打合せの時に、緊急地震速報のアラームが鳴り響いたあと横揺れの地震が起きました。
FM-HANAKOのスタッフの皆さんが緊急放送の対応に追われるなど、
緊迫した放送現場を横で見ながらの打合せ継続となり、
色んな意味でドキドキが多い放送日となりました(*_*)

さて、今回は「認知症カフェ」と「家族会」についてお話をしました。

住み慣れた地域で「その人らしく」在宅生活を続けるためには、介護保険を使ったサービスだけではなく、介護保険を利用する前でも利用できる高齢者を支援する場が求められています。
それは認知症になった方・その介護をされているご家族や関係者の方々にも同じことが言えますよね。

実は、はーとぴあでも「認知症カフェ」や「家族会」を開催しています。
「認知症カフェ」では地域の皆さんにご参加頂き、気軽におしゃべりを楽しんでもらっていますし、「家族会」ではお一人ずつ、ご自身の介護についてお話しいただき、悩みや疑問に対して話し合うのですが、毎回、時間が足りなくなるほど白熱しますヨ。

「認知症カフェ」「家族会」にみんなが気軽に参加できるよう、地域でどんどんと開催場所が増えると嬉しいですね♪

さて、11/5(土)と11/6(日)に第31回の守口市民まつりが開催されます。

実は、岩佐と金田も参加している、市民グループ「ハートねっと守口」のメンバーと、守口市の各事業者連絡会のメンバーの皆さんと共同で、今回はじめてブースを出す事になりました

私たちのブースでは、高齢者体験グッズを装着しての擬似体験、
健康体操や楽しいゲームをご用意しています。
さらに景品もご用意していますので、是非遊びに来てくださいね

 161021岩佐さん&金田さん.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 20:56| Comment(0) | 認知症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: