2017年02月17日

私たちにできること!

松下介護老人保健施設の医師の大野 悦子と看護師の浅田 久子です。
地域包括ケアシステム』 って、みなさんご存知ですか?
耳にはしたけど ・・・いったい何なの?   

簡単に説明したら、
認知症の方も、そうでない方も、誰もが住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、医療や介護をはじめとして さまざまなサービスが一体的に提供される仕組み
ということなんですね。

なんか難しい!て感じですね

さらに簡単に言えば、
認知症の方やそのご家族が、住み慣れたところで自由に過ごせたらいいですよね。それをお役所も病院も介護事業所も地域も含めて みんなでサポートしましょう!
ということです。

「私、テレビで認知症の話聞いたし、講演会も行ったし、
以前に比べたら認知症についての知識は増えたけど・・・」

でも、
「どう、手伝えばいいのかしら?」
「どう、手をさしのべたらいいのかしら?」
戸惑っている方が多いのではないでしょうか?

隣近所で、認知症の方やご家族で 困っている方がいれば、
「自分にできることは何だろう?」

まずは自分に、あるいは自分たちに何が出来るのか考えてみたいですね。

このコーナーでは、
隣の認知症の方やご家族、
町内の認知症の方やご家族
守口や門真の認知症の方やご家族に
自分に何ができるのかを探し、お互いに助け合っていけるよう、
自分ひとりでできる事、地域の人たちと一緒にできる事を
リスナーの皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。

リスナーの皆さんの疑問や悩み、あるいはこんな考えどうだろう?とか、
隣近所で認知症で困っている方がいてこんなお手伝いをしていますよ・・・などなど
お電話やFAX、メールお待ちしています(*^◯^*)

 170217.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 22:39| Comment(0) | 認知症 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください