2017年04月07日

認知症を取り巻く40年の変化

こんにちは。NPO法人ことはじめ 森安美です

今回は、認知症をテーマにした映画を2本ご紹介しました。

ご紹介したのは、
今から44年前の1973年に上映された「恍惚の人
そして2015年に上映された「徘徊ママリン87歳の夏」です。

「恍惚の人」は、1972年新潮社から出版された有吉佐和子の長編小説で、森繁久彌主演で映画化されました。

当時、認知症のことを一般的に知らない人が多かった時代のため、大変衝撃的だったそうです。

なんと、タイトルの「恍惚の人」は当時流行語になったんですって。

家族がお世話をするのは当然であり、「介護は嫁が担うもの」という社会が描かれています。


40年の時を経て、今は「介護は社会で担うもの」という理念で介護保険が利用できるようになり、以前よりは家族の介護負担は軽減できているはずです。

ですが、介護保険が赤字財政となっており、所得により自己負担額が上昇したり、介護度によって利用できるサービスが制限されるなど、厳しい状況が続いています。

これから40年後はどんな映画が上映されているのでしょうか。


今、介護人材が慢性的な不足状態で、今後さらに不足する見込みです。
そこで密かに期待されているのが介護ロボットの技術。

介護はロボットが担うもの」という社会になっているかもしれませんね。映画も認知症の人と介護ロボットの友情物語になっていたりして?!

「え~っ??昔は人間が入浴や排せつのお世話をしていたの?信じられな~い!」という時代がくるかもしれませんね。

ちょっと複雑な心境です…

 170407.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 21:34| Comment(0) | 認知症 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください