2017年05月05日

認知症の人にやさしい世界へ

こんにちは。NPO法人ことはじめの 森安美です
今回は、門真・守口を飛び越えて、世界的な視点!で認知症についてお話しをしました。

実は、4/27~4/29に京都で開催された
国際アルツハイマー病協会国際会議に参加し、
いろんな国の認知症に関する状況や取り組みを聞いてきました。

 170505-2.jpg

今後、東南アジアやインド、中南米でも医療の発達で長寿となり、認知症の人が急速に増加すると見込まれています。

認知症は、どこの国でも治療できる魔法のお薬が今のところありません…
だからこそ、認知症の人が暮らす地域社会やご近所さんの優しさが、何より効果的なお薬であることは世界共通でした!

でも…どこの国でも実はそれが一番難しいのです

一番大きな壁は認知症に対する人々の「偏見」という意識。
私たちの地域社会でも、私自身の心の中にもまだまだ偏見はあります。

「認知症の人」ではなく「認知症とともに生きる人」と意識を変えることが大切だと感じました。

多くの人は何らかの病気や困難とともに生きています。
「糖尿病とともに生きる人」「がんとともに生きる人」「心臓病とともに生きる人」…。
そこには何の違いもありません。

「認知症とともに生きる人」が笑顔で暮らせる門真・守口となりますように

そうなれば、世界から視察団が訪問すること間違いなし
よ~し!なんだかテンションが上がってきました~

 170505-1.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 21:08| Comment(0) | 認知症 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください