2017年06月02日

サ高住って知ってますか?!

こんにちは。NPO法人ことはじめの森安美です

今回は、門真レジデンスひかりのホーム長でケアマネジャーの谷本微香さんと一緒に「サ高住」についてお話ししました。

「サ高住」??

正式には「サービス付き高齢者向け住宅」と言います。

高齢者向けの施設には、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、グループホームなど、さまざまな種類があります。最近、注目を集めているのが、マンションのように独立した住居で暮らすことができ、安否確認や生活相談などを受けられる「サ高住」(サービス付き高齢者向け住宅)です。

谷本さんがホーム長をされている門真レジデンスひかりには、73名の高齢者の方々がお住まいです。入居されている方々の小さな悩みから大きな困りごとまで相談にのることが多いので、まさに73名の高齢者のお母さん?のような存在ですね!

普通の賃貸マンションと同様、プライバシーは守られつつ、困ったときにはいつでも相談できる安心感がいいですね。

田舎で暮らすご高齢の一人暮らしの親を引き取りたいけれど同居は困難…という方などは、娘や息子さんの家の近くの「サ高住」に入居してもらい、近くで暮らすことができれば、お互いに安心です。

今後、介護が必要になったときの住まいの一つとして「サ高住」も要チェックです。

それにしても、介護のサービス名称は何かと長い!だから略語や通称も色々ありますよ。

さあ、どれだけわかるかな?

・「看護小規模多機能型居宅介護」→略語「カンタキ」

・「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」→略語「テイジュン」

・「認知症対応型共同生活介護」→通称「グループホーム」


 170602.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 22:46| Comment(0) | 介護 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください