2017年06月30日

もっと認知症サポーターの存在を知って欲しいなぁ~

松下介護老人保健施設の看護師 浅田久子と介護福祉士 山本真弓、支援相談員 金田ゆきです

梅雨時期だというのに、おひさまサンサンな日が続きますね。
お洗濯が乾くのは嬉しいですが、街路樹や植木の草花がくったりしているのを見ると雨も恋しくなってきます。

さて、そんな中「認知症ほっとサロン」にカシマシ3人娘で参加させて頂きました
私たちは、ボランティアグループ「MAMOちゃん’S」に所属しており『認知症サポーター養成講座』を開催しています。

一人でも多くの人に認知症の人や家族の理解者・応援者となっていただき、認知症になっても安心して暮らせる町にするため「認知症」について正しい知識を知って頂く活動の一つに「認知症サポーターの養成」があります。

番組では、認知症サポーター養成講座の内容をご紹介しました。
ただ、残念な事に「認知症サポーター」という存在や、「認知症の人やその家族の支えの場となる『認知症カフェや介護教室』」が、高齢者自身やそのご家族にも周知されていないという事が、山本が行った研究の中で分かりました。

山本は熱く語りました。
おうちで認知症の家族を介護されて頑張っておられる方や、リスナーのみなさんにお伝えしたいです。認知症サポーターという認知症を理解してくれている方は確実に増えています!その方たちは、認知症に対するネガティブなイメージはまったくありません!今よりも安心して暮らせる町を一緒につくりましょう!
と!!

また、認知症サポーターになった方は、更にレベルアップさせる講座も始まっています。
・守口第1地域包括支援センター主催:認知症サポーター講座アドバンスコース
・ハートねっと守口(市民グループ)主催:レインボーリングセミナー

これからも、「MAMOちゃん’S」は、『認知症サポーター』を沢山養成していきますので、皆さま応援よろしくお願いします!(^O^)/

17070630.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 21:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください