2017年09月15日

社会参加すると認知症を予防できる!

松下介護老人保健施設の医師の大野 悦子と看護師の浅田 久子です。

昔に比べると認知症に対する認識や理解度は
ものすごく変わってきているなと思いますが、
みなさんはどうでしょうか?

今回は、高齢者の社会参加のお話でした。

社会参加」とは、
家に一人で閉じこもっているんじゃなくて、社会との接点をもとう!
ということですね。
ボランティアをしたり、町内会の行事に出たり、趣味のサークルもいいですね!

『社会参加すると認知症を予防できる』って、ホント?

はい、今、ぞくぞくとその証拠が出てきています。
社会参加すると、さまざまな脳への刺激があるんです。

ということで、
高齢者に限らず地域の皆さんにぜひ参加して頂きたいイベントを
今回、ご紹介しました。
聞き逃した方のためにアップしますね。

主催は、「ハートねっと守口」という市民グループですが、
守口市や守口市社会福祉協議会、医師会などたくさんの後援をいただいて、
たくさんの賛同者や事業所の協力のもと、
明日のために今つながろう!認知症になってもやさしいまち守口
をスローガンに、
守口らんらん♪2017」を10月15日の日曜日におこないます。

「守口らんらん♪」とは、
認知症の方やご家族、認知症でない高齢者、支援者、市民の方々など、
参加者全員がお揃いのオレンジ色の『守口らんらん♪Tシャツ』を着て、
守口市内の3つのコースを
共に歩いたり、走ったりしながらゴールを目指す、
認知症啓発イベントです。
北コース・南コース・近隣コースの3コースで、
それぞれのスタート地点を朝10時に出発、
中継地点で水分補給や休憩をしながら
ゴール地点である『老健はーとぴあ』を目指します。
もちろん、350mとか短いコースだけの参加や
車椅子を押してもらっての参加も大歓迎です。

また、
当日、沿道でオレンジ色の『守口らんらん♪Tシャツ』をみかけたら、
ぜひ、手を振って応援してくださいね

詳しくは守口らんらんのホームページを見ていただくか、
協力事業所にはチラシがおいてあります。
FM-HANAKOにもあると思いますよ。

お申し込み先・お問い合わせは、
松下介護老人保健施設はーとぴあ内「守口らんらん♪2017」事務局まで。
電話番号は、06-6992-8131
雨天の場合は、10月22日の日曜日に順延となります。

10月15日は、守口がオレンジ色のTシャツで染まっちゃうかな~~

  170915.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 22:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください