2017年10月06日

高齢者の心の隙間に要注意!!

こんにちは。NPO法人ことはじめ 森安美です

先月に引き続き、守口門真総合法律事務所の村上和也弁護士にご出演いただき、「遺言」にまつわることをお話しいただきました。

超高齢社会になり、一人暮らしの高齢者が増加しています。

悪徳商法の被害者の話として「優しいお兄ちゃんがいつも来てくれて、親切にしてくれてたんや」とよく聞きます。

下心の優しさをつい信頼してしまう方が、一人暮らしの方には多いようです。

また、妻に先立たれた高齢の男性の心の隙間を突いて、資産を狙う女もいるとか!?

大竹しのぶ主演の映画で高齢男性の資産を狙い婚姻を繰り返す「後妻業の女」がヒットしましたね🎬

でも、それは映画の話だけではなく、現実に存在するんですって

村上先生のご経験にもそのような事例はあるそうです。

本物の愛情か、下心の優しさか。

人は孤独な時に優しくされると冷静さを失います。

親御さんがお一人暮らしの娘さんや息子さん

一番大切なのは、やはり家族の関わりです。時々電話でお話するだけでも、孤独感から解放されます。

「後妻業の女」の入る隙を防ぐ方法は、家族のちょっとしたコミュニケーションなのかもしれませんね。

さあ、秋の行楽シーズンです

たまにはおじいちゃんやおばあちゃんと一緒に、お弁当持ってお出かけしてみられてはいかがでしょうか

  171016ゲスト:村上弁護士.jpg

 
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 21:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください