2017年11月17日

~ 認知症に限らず誰もが住みやすい街づくりを みんなで ~

松下介護老人保健施設の医師の大野 悦子と、看護師の浅田です。

もうすぐ師走ヾ(≧▽≦)ノ  
1年が早すぎる! な~んて、嘆いている方・・・・・同感です。
さらに、12月といえば忘年会シーズンですね
お互い、飲みすぎ・・・食べすぎ・・・には気をつけましょうね~

今回の放送では、11月12日の日曜日に門真市民プラザで行われた
RUN伴+門真に仲良し4人組で参加したので、
その時の様子や感想をお伝えしました。
お揃いのオレンジのTシャツを着て、朝から夕方まで結構な距離を歩きましたがヾ(≧▽≦)ノ
心配していた筋肉痛もおこらず、
月曜日から元気に出勤できました\(^o^)/

  171117-2.jpg

10月に守口市でも、同じような認知症啓発活動として守口らんらん♪が行われましたし、数年前に比べると、認知症に対しての理解者は増えてきているなと思いますが、皆さんはいかがでしょうか?
「認知症になっても誰もが住みやすい街づくり」の輪が、
もっともっと広がって欲しいですね

色々な行事に参加する事、ボランティアなどへの参加など、
なにかしら社会参加することは認知症予防や体の活性化に
繋がりますので、みなさんどしどしお出掛けくださいませ!!
ただ、これからインフルエンザや風邪の流行る季節ですので
ご無理はなさらないでくださいね。

  171117-1.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 22:24| Comment(0) | 認知症 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください