2018年01月05日

市民も企業も!もっとつなごう!門真の輪~!

明けましておめでとうございます

NPO法人ことはじめ 森安美です。

2018年の初回は、56才で前頭側頭型認知症と診断された中村成信さんの実話をご紹介させていただきました。

中村さんの経験は「僕が前を向いて歩く理由ー事件、ピック病を超えて、いまを生きるー」(中央法規出版)で、詳細に語られています。認知症当事者の想いや、家族の辛さ、地域社会が考えるべきことがたくさん詰まった1冊です。

ぜひ、ご一読くださいね。

前頭側頭型認知症は、性格や行動に大きな変化が見られ、スーパーで支払いをせずに商品を持ち出してしまう、レストランで支払いをせずに出てしまうなど社会的ルールを逸脱する行為や、怒りっぽくなるなどの症状が特徴です。

また、55才~60才に多く見られる傾向があるようです。

中村さんのように、支払いの認識が困難な認知症の方も地域社会にはたくさんおられます。

スーパーやレストランなど地域の企業に認知症の方への理解が深まり、支払いができない場合などは、家族やケアマネジャーへ連絡を取るなどの対応が可能になれば、家族もご本人も安心して暮らすことができると思うのです。

今年は、地域の企業も巻き込んで、認知症の人が暮らしやすいまちをめざしていきたいと思っています!

今年も、認知症に関するホットな情報と、ほっとする話題をお伝えしていきたいと思いますので、楽しみにしてくださいね

 180105.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 23:17| Comment(0) | 認知症 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください