2018年01月19日

初めてのラジオ生出演!

『松下介護老人保健施設はーとぴあ』でリハビリを担当しています、理学療法士の山住です

今日は、日ごろ施設(はーとぴあ)で行っている『認知症リハビリ』について紹介させてもらいましたが、如何でしたか? 少し難しかったでしょうか?

施設には色んな職種のスタッフがいますが、私は理学療法士ですので、利用者さんの体の動きを上手にしたり、痛みをとったりするのが専門です。
認知症高齢者の『動かしにくいところや痛いところがあって不快、不安』という体にまつわる『言葉でうまく表現できない不快、不安』をきちんと見つけて、体を快適な状態に変え、毎日を落ち着いて過ごすための体のベースづくりをすることが私の役割なんです。
そうやって体を整えた上で、小集団でのリハビリや体操など楽しくやさしく取り組めるリハビリを行うことで『今日も体を動かしてスッキリしたなぁ』『リハビリの参加者同士での会話も楽しかった』『気分よく、夜もよく眠れそう』という風に生活をしてもらいたいと考えています

また、生活動作といって、歩くことはもちろんトイレに行ったり好きな時にベッドに寝転んだりする動作も失敗せずにうまくできるように練習することで、認知症のストレスを和らげることができるんです。
はーとぴあでは、「生活リハビリ」といって、毎日の動作がうまくできるように余計なお世話をせず「自分自身でできること」を長く続けてもらう取り組みをしています。その結果、ご利用者さんが何かしようとすると「危ないから、やめて!」と止めるのではなく「できることを、好きなように、どんどんやってください」と言えるようになってきました。

「認知症リハビリ」というのは決して特別なことではなく、その人がその人らしく過ごすために、得意なことをどんどんやって自信を取り戻し、体の不快感なく快適に日々を過ごし、心も体も健康で!という、ごく当たり前のことをやっているんですよ。

ご自宅で介護されていて大変なことがたくさんあると思いますが、危ないからとか、これは出来ないだろうと先回りしてするのではなく、時間はかかりますが何かひとつでも出来る事が増えるよう温かく見守ってみてはいかがでしょうか。

180119.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 22:54| Comment(0) | 認知症 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください