2018年07月20日

住み慣れた街で安心して暮らしていくための地域力

松下介護老人保健施設はーとぴあの看護師の浅田です。

毎日、36~40度近い猛暑続き(≧∀≦)
梅雨明けが早かったため、この暑さは長く続きそうですが、
こまめに水分をとって脱水や熱中症対策には十分気をつけましょうね。

 180720.jpg

写真のオレンジ色のリングは、
認知症サポーター養成講座を受けた証として
頂けるリングです。
現在、1千万人のサポーターが誕生しています。
ちなみに、守口市には6200人います。

次に、ピンクやイエローなど
カラフルなリングと鈴が付いていますが、これは、
レインボーリングといってサポーター養成講座を受けたかたが
さらにレベルアップのためのレインボー講座を受けた証として
頂けるものです。

最後に認知症サポーターはどんどん増えて、
「知識は増えたけど、具体的に何をしたらいいのかわからない」
という声が多く聞かれ、実際の行動や地域の中での取り組みに
繋がっていないということがわかりました。
自分たちの町を住みやすい街にするために、
身近にあるような事例について話し合い、
「こうすれば自分たちにもできるのではないか?」とか
いろんな意見や考えを出し合い具体的な取組みを考える講座を
今年の2月よりしていますが、
そのグリーンリング講座を受けた証です。
Green Ring in Moriguchi と文字も入ってて可愛いですよ!

となり近所の認知症の人や家族・高齢者に限らずですが、
誰かが困っていたら・・・・・
自分なりにできることはないかな?とか、
 
となりの独り暮らしのかたに、
「おはよう」の挨拶や「お変わりないですか」の声掛けなど、
簡単なことからでいいので始めていけたらなと思います。
そして、地域力がもっともっと高まって欲しいなと思います


posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 22:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください