2018年08月31日

認知症の方が笑顔でおもてなし『ゆめ伴(とも)カフェ』

こんにちは。NPO法人ことはじめ 森安美です。

今回は、くすのき広域連合門真支所より白川陽子さんと高瀬博美さんにご出演いただきました。

行政の立場で、認知症になっても輝くまちづくり活動である
ゆめ伴プロジェクト」に関わっていただいています。
そんなゆめ伴プロジェクトの今年上半期の最大の挑戦は、8/22に開催した「ゆめ伴カフェ」でした。

「認知症の方がスタッフになるカフェができたら素敵じゃない?」
「認知症の方だっておもてなしが得意な方、たくさんおられるよね」
という、妄想をきっかけに始まったゆめ伴カフェ企画。

その企画に賛同してくれたのが、場所と料理を提供してくれた大和田駅近くのハッピービーンズカフェさん。
認知症の方も自信をつけることができ、お客様にも笑顔になってもらうためにどうしたらいいかを、みんなで何度も話し合って考えました。

 180822ゆめ伴カフェ2.jpg

 180822ゆめ伴カフェ3.jpg

高瀬さんは、介護職員としての経験も豊富です。
「認知症になると何もできなくなると思われがちですが、できることはたくさんお持ちなんです」とおっしゃっていました。
できないことに目がいってしまいますが、どんな小さなことでもできることに目をむける支援というのはとても重要です。

ゆめ伴カフェ当日は、認知症のスタッフの方はイキイキと輝き、お客様もみんな笑顔になれるカフェ空間となりました。
今後も、2か月に1度、ゆめ伴カフェを開催し、認知症になってもキラキラ輝ける場を創り続けたいと考えています。

 180822ゆめ伴カフェ1.jpg

そんなまちづくりの推進のために、
行政の立場のお二人の役割はとても重要
行政、民間、それぞれの立場の強みを活かしてこれからも認知症になっても輝けるまちづくりを共に推進していきます

 180831.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 21:47| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください