2018年08月17日

困ったら気軽に相談できる場!

松下介護老人保健施設の看護師の浅田です

先日の台風21号、凄く怖かったですね。
みなさん、大丈夫でしたか?

私の田舎、徳之島は台風の通り道なのですが、
大阪に来てウン十年・・・・・
初めて、大木も倒してしまう暴風雨の怖さを体験し、
災害対策の大切さを実感しました。

そんなこんなでブログを書くのを、すっかり忘れていました(≧∀≦)
でも、台風のせいではなく、最近、物忘れが増えてきたからかも💦

長生きすればするほど認知症になる確率は高くなり、誰でもなる可能性があります。
BPSD(行動・心理症状)は、家族や介護する人にとって苦労はつきません。
更に、多くの高齢者は脳梗塞やパーキンソン病、そのほか色んな病気を合わせ持っています。
脳梗塞により半身麻痺が残り、最初は周りの軽い手助けで何とか出来ていたことも、老化とともに出来る事は減り、家族の介護は更に大変になります。
パーキンソン病は進行すると歩けなくなったり、飲み込む力が弱くなり誤嚥しやすくなったりします。

そんなことから、今回は、お世話をする時に介護する側・される側の身体の負担を少なく、安全に介護するための助けとなるグッズをいくつか紹介しました

介護に困ったり行き詰まりを感じた時に、だいたいの方が地域包括支援センターやケアマネージャーに相談されると思います。
知識・技術は日々進歩、どんどん変わっていっています。
いろんな人にアドバイスを求める事でいろんな方法や工夫を私知る事ができると思います(*^◯^*)

地域や施設で行われている介護教室や認知症カフェに足を運ぶのもいいと思います。
でも、困った時にすぐに解決した方がいい事もありますよね。
そういう時は、ご近所の施設や事業所に気軽にご相談して頂けたらと思います。

 180817.jpg

posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 23:50| Comment(0) | 介護 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください