2019年01月18日

好きなことや楽しいことをしてリハビリに!

松下介護老人保健施設の看護師の浅田です。

1月28日月曜日に守口市役所で行なわれた守口大根長さコンクールに出展してきました。
昨年10月に市役所で種を頂き、ご利用者さんが中心となって『はーとぴあ』の各フロアで一生懸命育ててきました。

 守口大根①.jpg

まず、各フロアから『はーとぴあ守口大根長さ選手権2019』に出品。
その中で、優勝した自慢の大根(129cm)の出品でしたが、
残念ながらコンクールでは22エントリー中、6位という結果でした。

 守口大根②.jpg

ちなみに、優勝は205cmのさくら小学校の大根でした。
でも、デイケアの利用者さんが特別賞を頂き感激です。
来年は200cm越えを目標に再チャレンジしたいと思います。

さて、月日の経つのは早いものですね!
介護保険制度がはじまって20年目を迎えました(≧∀≦)
この20年近くで、
ケアやリハビリの考え方がずいぶん変わってきました。
ざっくりと言いますと、20年前のケアやリハビリでは、
リハビリ室で行なうことだけがリハビリ!で、あったり、
何でもお世話をすることが良いケア、良いサービス !
と言われていました。
ですので、いたれりつくせりで介助され過ぎてしまい、
結果的に、これまで出来ていた事までも出来なくなったり、
反対に更に介護が必要になってしまうこともあったのです。

それが、今ではどうなっているのでしょう?

まず、
リハビリ室ですることだけがリハビリではないということです。

リハビリの目的は、自分の事は自分で出来るようになる事です。
24時間の生活の中で、起きてる間は自分の事はできるだけ自分でする。そして、できることを少しでも増やすという生活リハビリに重点をおくようになりました。
高齢者にとってのリハビリは、手術後のリハビリなど一般的なリハビリとは違って、頑張って頑張ってリハビリをするのではなく、まず、日々の生活の中で、できることは自分でするということの積み重ねが一番効果的なんです。
また、好きな園芸やダンスなど、色んなことをすることで、自然に体が鍛えられたり、認知症予防にも繋がります。
楽しいことや好きなことをすることがリハビリになってるって最高ですよね^_^

やりたい事があるからそこに行く。
デイケアやデイサービスはそうでありたいです。

今年はインフルエンザウイルスが猛威をふるっているようです。
マスクの着用と手洗いをしっかりして予防に心がけましょうね(*^◯^*)

 190118はーとぴあ.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 22:06| Comment(0) | 介護 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください