2019年06月07日

市民後見人を知っていますか!?

こんにちは。NPO法人ことはじめ 森安美です

今回は、なんと
門真市役所の保健福祉部福祉政策課 山中課長補佐と鈴木主任
お越しいただきました!
門真市で昨年から養成している「市民後見人」について
教えてもらいました。
「市民後見人」ってあまり聞きなれないですねー??

認知症や障がいなどの理由で
判断能力が不十分な方々の不動産や預貯金を管理し、
その人の暮らしを保護したり支援する制度で
成年後見制度」というものがあります。

成年後見人には、
弁護士や司法書士などの専門職や親族がなることが多くあります。
もちろんこれらは家庭裁判所で選任されて決まります。
でも、今後の認知症の人の増加もあり、
もっと身近で寄り添える市民ボランティア「市民後見人」を
増やしていこう!という動きが加速しています。

市民後見人になる条件は、門真市在勤・在住で、
登録時の年齢が満25歳以上70歳未満の方であればOKです。
でも、認知症のことや成年後見制度なんて知らないんだけど…
というあなた!大丈夫です!
市民後見人養成講座では、
認知症や制度についてしっかり学ぶ機会が設けられています。

とにかく、一度どんなことをするのか
オリエンテーションに参加してみましょう。
近い日程では、
6月29日(土)の午後2時から午後4時、
枚方市のラポールひらかたで開催
されます。

詳しくは、門真市のホームページ
大阪府社会福祉協議会のホームページでチェックしてくださいね

 190607.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 20:06| Comment(0) | 認知症 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください