2019年06月21日

認知症の方にやさしい町づくりと「認知症ケアパスガイドブック」について

松下介護老人保健施設の看護師の浅田と支援相談員の金田です。
今回は、医師の大野に代わり、浅田&金田のコンビで参加させて頂きましたヾ(≧▽≦)ノ

梅雨の時期は、洗濯物もなかなか乾かず家事がはかどりにくいですね。そんな時は、家の中でゆっくり「認知症ほっとサロン」を聴きながらリラックスしてくださいませ。

と、いきなりですがクイズです
みなさん、前期高齢者(65歳~74歳)・後期高齢者(75歳以上)というWHOが定めた区分をご存知でしょうか?
後期高齢者という言葉には
なんとなく聞き覚えがあるかもしれませんね。
その区分とは別に2年前から新しく
日本老年医学会や老年看護学会が提言している
高齢者の区分があります。
・65歳~74歳 → 准高齢者
・75歳~89歳 → 高齢者
90歳以上   → さてなんと呼ぶでしょう?
正解はブログの最後に載っています(^^) 

さて、前回に引き続き6月8日のレインボーセミナーでは、
「家族の想いと理解」「介護保険制度、守口の現状や成年後見制度」などについて学んで頂きました。
認知症になっているご本人はもちろん、
そのご家族に対しても温かい周りのサポートが必要です。

しかし、
現状は、大家族から小家族(独居・高齢夫婦のみ・親子ふたり暮らしで日中独居・Wケア)になり、相談相手が身近にいない。。。
そして、子供や近所に迷惑かけたくないと二人だけの世界に閉じこもり、行き詰ってしまう。。。
など、本当につらい状況の方が多いです。(;_;)

ご本人とご家族を地域から孤立させず連携した支援の大切さを、
事例紹介やグループワークを通じてお伝えしました。
そして、介護保険や成年後見などの制度について、
主任ケアマネージャーさんや、弁護士の先生に講師をして頂き、
専門的なお話を分かりやすく説明して頂き
「分かりやすかった」「専門家の話が聞けて良かった」
と喜んで頂きました

番組の後半では、くすのき広域連合守口支所が今年の3月に発行された
「認知症ケアパス(ガイドブック)」の内容についてお話しました。

このガイドブックには、自分でできる認知症チェックや、
認知症を予防するための生活習慣、認知症の人との接し方などが、
可愛いイラストやカラフルな色使いで
分かりやすく紹介されています。
なんと、私たちが活動している「ハートねっと守口」の取り組みも「理解の輪を広げる」というコーナーに掲載されています(*´▽`*)
「認知症ケアパス(ガイドブック)」は守口市役所や
市内の地域包括ケアセンターに設置されているそうです。
一度手に取ってご覧になってください。

最後に、クイズの正解です。
こたえは。。。「超高齢者」でした。
90歳を過ぎるとカッコイイ呼び方になりますね。
皆さん「超高齢者」と呼ばれる日まで
元気で過ごしましょう♪(^O^)/

 190621はーとぴあ 浅田さん、金田さん.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 20:15| Comment(0) | 認知症 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください