2019年08月16日

熱中症になりやすい時期

松下介護老人保健施設の看護師の浅田です

処暑も過ぎて暑さが少しやわらいできましたが、
まだまだ油断はできませんね(*≧∀≦*)
もっとも台風の多いこの時期、
台風にはあまり関係がないと思っていましたが、
関西も台風の通り道になる可能性が増えてきましたね。

梅雨明け・台風の後と言えば、
大雨の後の高い湿度と気温の上昇です。
昔は、外で暑い日差しを浴びて
熱射病になって脱水状態になり病院を訪れる人が多かったのですが、
今は室内でも同じような症状になる人が増え、
熱射病も含め体温調節ができなくなり脱水症状に
なることを熱中症というようになりました。

この熱中症になりやすい時期があるので、
ぜひ気をつけて頂けたらと思います

特に気をつけたいのが、梅雨明けです。
気温が上がり、暑さに身体が慣れていない上に湿度が高いため、
身体の中で熱がこもりやすくなります

また、台風などの後も雨により湿度が上昇しますので
熱中症になりやすい状況です。

熱中症は、気温の上昇だけでなく
湿度が高いと更に危険な状態になるので
湿度も気にして欲しいポイントです。

特に、高齢者の場合、暑さを感じにくくなるので、
クーラーを使用せず熱中症になり
最悪の状態になるケースが増えています。

室温が30℃を越えないように、
クーラーなどで室温調節をするのが一番です

のどの渇きを感じた時には、軽い脱水状態といえます。
のどが渇かなくても、こまめに水分補給しましょうね(*^_^*)
そして、たくさん汗をかいた後は、
水だけでなくミネラル補給も大事ですね(#^.^#)

最後にセミナーのご案内です

時:9月4日水曜日  14時~16時15分
場所:守口文化セン ター(エナジーホール)
テーマ:めざせ!イキイキ元気100歳
講演1:転倒防止
   ☆中村 幸子先生
    介護老人保健施設 龍間の郷 理学療法士

講演2:認知症の予防  
☆中西 亜紀先生
    弘済院付属病院副院長
    大阪市認知症疾患医療センター長

*セミナーの前に、13時から先着で血管年齢・骨密度・脳年齢・お肌チェックもしています。


皆さんのご参加をお待ちしいます

 190816.jpg

posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 20:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください