2019年09月05日

めざせ! イキイキ元気100歳

松下介護老人保健施設の看護師の浅田です

ここ数日、お天気が変わりやすいですね。
昨日・今日と急に曇り空になりスコールのような大雨に
ビショ濡れになった方も多いのではないでしょうか。

昨日、エナジーホールで行われた市民公開セミナーに
200名以上の沢山の方にお越し頂き、誠にありがとうございました。
『HANAKOで聞いたから来たよ』と声を掛けて頂き、
とてもうれしかったです

さて、今回(8/30)は健康で長生きをテーマにお話をしました。
誰もが望むところは、『ピンピンコロリ』ではないでしょうか。

最近、TVを見ていて多いなと思うのは・・・
人生100年時代という言葉です!

ネットには、
100歳まで生きれる確率までもが表になって載っています。
例えば、現在42歳の女性だと2人に1人で、
65歳の女性ですと4人に1人の確立で100歳まで
生きられるというのです

日本人の平均寿命と健康寿命の差は、
男性が9年、女性が12年といわれています。
この差を、いかに短くするかが『ピンピンコロリ』への近道ですね

子宝で長寿の島って、みなさんご存知でしょうか?
100歳以上の高齢者の数が、全国平均の3倍以上ということで
TVでも紹介されました(*^_^*)

なんと、私の田舎 徳之島です!
90代でも元気に畑仕事をしたり、家事をしているんですよ。

そんな、徳之島の健康長寿の秘訣は・・・

➀豚肉をよく食べる(良質のアミノ酸が多い=筋肉のもとになる)

➁自分で家事をするので、軽い運動が体力を保ち体が丈夫。
 更に、認知症予防にもなる。

➂立ったまま靴下やズボンを履いたりするので、
 体幹が鍛えられバランス力がUPし転倒しにくい。

➃毎日、畑仕事など外で作業をするので、
 日光を浴びてビタミンDが活性化され骨や筋肉が丈夫!

➄サトウキビが島の基幹産業で黒砂糖を食べる習慣があり、
 お砂糖と比べて非常にミネラル成分が多いので
 高血圧になりにくい。

➅島は花崗岩からなっており、
 水道水はカルシウムを多く含む硬水のため、
 骨年齢が実年齢に比べて若い人が多い。


などの特徴があり、健康で長生きの方が多いそうですよ。

さらに、徳之島には400年の歴史をもつ闘牛もさかんなんです
年に十数回、あちこちの闘牛場で
全島一をかけて戦いが繰り広げられます。
この闘牛を応援するのも、
楽しみでもあり元気のみなもとでもあると思います(#^.^#)

最後に島の方言を紹介しますね。

きゅうがめ~ら(こんにちは)
徳之島かち もーちたぼりよ~(徳之島にお越しください)
おぼらだれん(ありがとうございます)

 190830.jpg


posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 15:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください