2020年01月17日

お口の健康( ^ω^ )・・・歯磨きを見直しましょう!

松下介護老人保健施設はーとぴあ、看護師の浅田です

昨日は、雨風が強く嵐のようでしたね。
関東は積雪により電車が運休している地域もあるらしいですね。
でも、大阪は昨日の嵐が嘘のように、とってもすてきな青空 

さて、今回はお口の健康のお話でした。
食べる、話すなど私たちが生きていく上で
欠かせない役割を持っている『口(くち)

食事という文字は、『人を良くする事』と書きます(#^.^#)
食べるには、丈夫な歯が必要!
『8020運動』が推奨されたのが30年前。
現在、80歳の方で自分の歯が20本以上残ってる人は、
約50%だそうです。(30年前は約15%)

しっかり噛める歯があると、いいことがたくさんあります(#^.^#)
好きなものを、おいしく食べられることはもちろんですが、
私たちの歯ぐきの下にある感覚神経は脳とつながっており、
食べ物を噛み砕く時の刺激で脳細胞も刺激されます。
さらに、歯ぐきの下を走っている血管が、物を噛む時に押されて
ポンプのような役割を果たし、脳の血流もあがるそうですよ

認知症の原因に脳の血流不足も関係しているので、
よく噛むということは、認知症予防にもなりますね

また、40歳以上の8割は歯周病になっているそうです。
歯周病の悪化は動脈硬化や糖尿病にもつながり、
結果、認知症になるリスクを高めるといわれております。
お口の健康・・・
やはり、歯磨きですね

皆さんは、1日何回歯磨きされますか?
2〜3回のかたが多いかな。

歯磨きすると、お口の中はきれいになりますよね。
私たちのお口の中の菌は、5時間で元の菌量に増えるそうです
という事で『1日6回』食事の前後に歯磨きすることが
一番という話でした。

普段、何気なくしている歯磨き!
歯磨きをする動作の細かい指の動きや口の中の感覚に合わせるなど、
気持ちよく・痛くなく・傷つけず、磨き残しがないかなど考え、
フルに脳を使っているんですよね~

今日から、しっかり歯磨きしましょうね

200117.jpg

posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 22:11| Comment(0) | 認知症 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください