2020年03月20日

介護は突然やってくる。あなたの備えは大丈夫?パート2

松下介護老人保健施設の
看護師 浅田久子と、支援相談員 金田 ゆきです。
今回は、医師の大野に代わり、
浅田&金田のコンビで参加させて頂きましたヾ(≧▽≦)ノ

3月と言えば春が待ち遠しい季節ですが、
昨今はコロナ対策で色々と予定も変わり、
みなさん体も心も滅入りがちではないでしょうか
こんな時は、体を休める時と考えて
FM-HANAKOで癒しのひと時をお楽しみくださいね

さて、今回の放送は、前回の放送でご紹介した、
『親の介護について、事前にやっておけばよかったこと』について、
さらに掘り下げてお話させて頂きました。

「介護に関する情報収取を事前にしておけば良かった」
というご意見に関して。
現状、事前に介護に備えている方は少なく、
必要になって慌てて動き出す方が大半です。
日頃の生活を送っている中で、
そこまでなかなか考えられないですよね。
もしも、介護が必要になった時や困った時は、
知人からの介護体験談を聞くのも良いのですが、
守口市にある公的な「いきいきネット相談支援センター」
「地域包括支援センター」などの専用の相談窓口も
上手に活用して頂ければと思います。
その他、認知症ケアパスガイドなどの
便利で情報が分かり易い冊子もありますし、
地域で行われる「健康講座」や「介護教室」などの
イベントに参加されると、
介護の専門家とも知り合うキッカケにもなります
ご自身の健康管理と合わせて是非気軽に参加してみてくださいね。

次に、「もしもの時、どうして欲しいか」などの意向を、
介護が必要になってからではなく、
元気なうちに話し合っておけばよかったというご意見。
これまで日本では「介護や最期の時」のお話は、
とてもとても大切なことにも関わらず、
縁起が悪いとされ、
あまり家族で話し合われる事がありませんでした。
しかし、数年前から日本でも
ACP(アドバンス・ケア・プランニング)=人生会議
という考えを浸透させようという動きが始まりました!
自分の親には聞きにくい内容ですが、
まずは、自分がどうして欲しいかを考えてみては如何でしょうか。

そして、介護費用の準備をしておけば良かったというご意見。
日本には「介護保険制度」があり、
65歳の誕生月に「介護保険証」が自宅へ送られてきます。
ただ、医療保険と違い、そのままではすぐ利用できません。
申請し病気や介護の必要性を審査してもらい、
要支援1~要介護5までの「介護度」が認定されて
初めて利用できるようになります。
介護度によって、受けられる在宅サービスの範囲が
点数で決められている所も医療保険と異なる所になります。
このような詳しい情報は、
最初に伝えた各種相談窓口でも聞く事ができますよ。

最後に、今回新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、
はーとぴあで毎月行っている
「健康講座」「頭の体操教室」
「ぱいんカフェ」「八島町会健康講座」などは
4月末まで中止となります。
ご迷惑をお掛けしますが宜しくお願い致します

 200320.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 21:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください