2020年05月01日

心でつながる1年に…。

こんにちは。ゆめ伴プロジェクトin門真実行委員会の森安美です

認知症になると、地域の人との関わりが少なくなり、
地域社会から離れた状態で暮らしている方が多いことから、
ゆめ伴プロジェクトでは、認知症と地域の人が集い、
語り合い、共に楽しみ、輝ける場を創ろう!と活動してきました。

しかし、コロナウイルスの出現で、
集まることも語り合うこともできなくなり、
現在、活動はすべてお休みしています。
でも、落ち込んでいても何も生まれません
新たな企画がスタートしております
それは…「かどま折り鶴12万羽プロジェクト」

これは門真のまちで、ステイホーム期間を高齢者も子ども達も、
こんな時こそみんなの折り鶴と笑顔で町を元気にしようという大作戦なのです。

認知症の人や要介護高齢者にとっては、
外出もできない、会いたい人とも会えない日々です。
せめて誰かと、そして社会とのつながりを
実感できる何かができないだろうか…。
心でつながることはできないだろうか…と考えていました。

そんな時に、90歳のゆめ伴メンバーで、
デイをお休みしている方が
おうちで折り鶴を作っているお話を聞いたのです。
そのことから、門真市のルミエールホール(NPO法人トイボックス)が主催、ゆめ伴プロジェクトと、リサイクル工房布くらふとが共催でタックを組み、子どもから高齢者まで、おうちで色々な想いをこめて鶴を折り、感染状況が改善された後に、その折り鶴たちを集めて一つの折り鶴アート作品に仕上げるという「かどま折り鶴12万羽プロジェクト」をスタートさせました
12万羽というのは、門真市民12万人にちなんでいます。

高齢者の方々に折り鶴を作ってもらうと
「手が覚えているわー」と、スラスラ綺麗に仕上げてくれます

緊急事態宣言が解除されましたら、
皆さんの折り鶴をルミエール、門真市役所、市内郵便局などに
折り鶴回収ボックスがありますのでお持ちくださいね。
さあ、皆さんも、色々な想いを込めて「おうちde折り鶴」
作ってみませんか~!!

<詳しくはこちら>
https://npotoybox.jp/lumi/events/orizuru120k.html

 200501.jpg

posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 20:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください