2020年05月29日

高校生と高齢者の文通プロジェクトがスタート!

こんにちは
ゆめ伴プロジェクトin門真実行委員会の森安美です。

人と人との接触が難しいコロナ禍にもかかわらず、
新たな交流が始まりました

それは、高校生と高齢者との世代を超えた交流です。
大阪府立なみはや高校で福祉を学ぶ高校生28人が、
門真の高齢者の方を励まそうとお手紙を書いてくれました
私の方でそのお手紙をお預かりし、
お一人暮らしの方や特別養護老人ホームで暮らす方など
28人の高齢者にケアマネジャーや施設職員の方を通じて
お手紙をお届けしています。
愛のキューピット係です

一人の高校生のお手紙を紹介させてもらいますね。

「はじめまして!
 大変な状況が続いていますが、いかがお過ごしですか。
 私は今、母が帰宅した時に少しでも楽なように
 家事や料理を手伝っています。
 その際に「ありがとう」と些細なことでも言ってもらえると
 すごく気持ちが弾み嬉しくなりました。
 その言葉がどれくらい素敵な言葉か改めて実感できました。
 これからも大切にたくさんありがとうを伝えようと思いました。
 今までの当たり前の日々が戻ることを信じて、
 今、自分に出来ることを頑張ります。
 一緒に乗り越えましょう。
 一日も早く素敵な日常が戻りますように。
 お体にお気をつけてお過ごしください。
 お手紙読んで頂きありがとうございました。」


なんと素晴らしいお手紙でしょう
受け取った高齢者の方は、

「涙出るわ。もうほんまに、うれしい。
 元気が出てきました。いつか会ってみたい!」

と涙しながら語ってくれました。
高齢者の方からも、高校生にお返事を作成中です。
何度も書いては消し、やっぱりもう一度やり直してみたりして…。

こうして文通をすることで、
コロナ禍でも新たな交流ができることもわかりました。
秋になって状況が落ち着いていたら、高齢者の皆さんと一緒に、
お手紙を書いてくれた高校生に会いに
なみはや高校に遊びに行くことにしています

こんな時こそ、人と人とのつながりを大切にしたいですね

 200529.jpg
 
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 20:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください