2020年07月31日

お家で楽しくフレイル予防!

松下介護老人保健施設はーとぴあ、看護師の浅田です

まず、番組内で行方不明者の捜索協力をお願いしましたが、
地域の皆さまからの通報で無事にご自宅に帰ることができました。
ご心配をお掛けしましたがご協力ありがとうございました

やっと梅雨が明けましたね~
蝉が一生懸命鳴いているのを聞いてると、
自分も頑張らなきゃと思います(*≧∀≦*)
緊急事態宣言は解除されたものの、
7月末から国内での感染者数が1日千人を超える日が続いています。
大阪でも感染者数が増加しているので、
新しい生活様式を取り入れながらも
自粛生活モード継続のかたが多いのではないでしょうか?

かといって、生活するには仕事や買い物など外出は必須ですよね。
外出時は暑さ対策とマスクの着用・手指消毒(手洗い)を
しっかりしましょうね

この、先の見えない自粛生活で一番気を付けたいのが
不活発病対策です。
人は身体を動かすことで健康を維持できているといわれてます。
これまでの通いの場も減って、
お家にいるのが増えたかたが多いかと思います。
動く量が減ると食欲が減り、低栄養状態となり、筋力が低下する。
するとさらに動く量が減る、という悪循環に陥りやすく、
特に高齢者は、このフレイル(虚弱な状態)になりやすいので
気を付けたいですね。

フレイルは要介護状態になる手前の状態をいいますが、
このフレイルを予防するには、食事・運動・人とのつながりが大事です。
しかし、このコロナ禍ではドンドン外に出ることもできませんね。
でも、大丈夫
家の外での運動に限らず、とにかくなるべく動くこと!
『生活の中でできる事』を続けることでも予防できます。
お家でできる運動・リハビリテーションとして
家事や趣味活動をお勧めしたいと思います。

料理や掃除など家事は主婦の得意な領域ですね
身体を動かすと同時に、段取りなども考えながらするので
家事は一番の体力低下予防にもなり認知症予防にもなります。
手芸や囲碁・将棋、パソコンなどの趣味活動も
脳や筋肉、指先を使うので、同じようにフレイルを予防できます。
強度は問わず、どんな動きでも良いので、
毎日40分の身体活動をめざしましょう!

最後に、今後、冬になればインフルエンザの流行も心配です。
感染対策は基本的に同じです。
3密を避け、マスクや手洗いをしっかりして警戒を緩めず、
十分な睡眠と栄養をとりましょう

 200731.jpg

 
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 21:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください