2021年03月19日

感 謝

松下介護老人保健施設はーとぴあの看護師の浅田です

今回は私と大野施設長の退職に伴い、森さんにも参加して頂き
私達の認知症ほっとサロン卒業式を兼ねて、
この番組を始めたきっかけやこれまでを振り返りながらの
フリートークでしたが、
これまでで一番リラックスしてお話できたなと思います(*^_^*)

認知症は、歳を重ねると誰もがなる可能性が高くなるものですが、
かといって高齢者だけに出る症状でもなく、
20代、30代でも起こる症状です。(若年性アルツハイマー病)
この数年間を振り返ると、
認知症の当事者の方々が色んな場面で発信頂けたことや、
認知症サポーター養成講座や講演会、認知症カフェや家族会、
地域での認知症に関するイベントなど、
ほんとに色んな場面で認知症について学ぶ機会が増えましたね。

自分自身、この番組を通して認知症に関する知識が増えたことで、
認知症に限らず、周りの人に対する気持ちの持ち方が
変わったと感じています。
きっと、リスナーの皆さんも
認知症に対する思いが変わったのでないでしょうか
これからも認知症も含め、
誰にも優しい街になることを願っています。

長い間、ラジオを通して認知症ほっとサロンに耳を傾けて頂き
ありがとうございました。
スタジオの前で応援してくださった皆さん、
ありがとうございました。
4月からは、新しくケアマネージャーの岩佐が担当しますので、
どうぞ宜しくお願い致します


大野です
6年間ありがとうございました。

なかなか思うように話せず、もどかしい思いがいっぱいでしたが、
聞いたよ、がんばってね、といろいろ声をかけていただけて
本当にありがたかったです。

新型コロナが流行したり大変な時代ですが、
それでも、一歩一歩、町が前進していく姿が私にはみえます。
これからも皆様の力で、守口・門真が誰にも
優しい素晴らしい街になっていくことを願っています。
ご支援ありがとうございました

 210319-01.jpg


ゆめ伴プロジェクトの森安美です
「認知症でつらい状態にあるご本人やご家族が、
 家にいながらラジオを通じて認知症のことを知ってもらえたり、
 ほっとしてもらえるような番組ができたらいいよね」
という共通の想いで意気投合し、
大野さんと浅田さんと一緒に始めた「認知症ほっとサロン」は、
気づけば丸5年となりました!

色々な思い出があります。
一緒に色々な地域活動も展開しましたね!

私はいつも大野さんや浅田さんのおおらかで陽気なお人柄に(笑)
励まされてきたように思います。
本当にありがとうございました!

お二人は今回でご卒業ということになりましたが、
OBとして、引き続き応援していてくださいね!

 210319-02.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 23:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください