2022年09月04日

「大阪樟蔭女子大学 万博応援隊 SDGirls登場!」(9/2放送)

こんにちは!ゆめ伴プロジェクトの森安美です。
今回は、大阪樟蔭女子大学の万博応援隊 SDGirlsのお二人にゲスト出演してもらいました!
現在、2回生のリーダーこもちゃんとサブリーダーおみやちゃんです。

今年になり、大阪樟蔭女子大学では2025年の大阪・関西万博を通じてSDGsを推進する企業や団体の活動を、中高生にわかりやすく伝えることをミッションにした「万博応援隊 SDGilrs」を結成し、縁があってお二人もそのメンバーになり、今では様々な活動を行っているそうです!

ゆめ伴プロジェクトも大阪・関西万博を通じて認知症の人が輝ける社会の実現をめざして「いのち輝く折り鶴100万羽プロジェクト」に取り組んでいます。
そのことから、今年6月にSDGirlsの皆さんがオンラインでゆめ伴の活動を紹介してくれたり、
大学内に折り鶴BOXを設置してくれて、学生の皆さんに折り鶴づくりを呼びかけてくれるなどのご協力をいただきました。
たくさんの折り鶴をツルナリエにも届けてくださったんですよー!
また、デイサービスにも来てくれて、高齢者と一緒に折り鶴を折ったりつなげたりしてくれました。
「認知症や介護には暗いというイメージがあり、最初はデイサービスに行くのが不安だったけど、行ってみたら皆さんがとても明るく迎えてくれてとても楽しくて、今では以前のイメージとは全く違うものになりました!」とも話してくれました。

コロナ禍で入学した今の2回生は、授業はもちろんサークル活動などもなかなか難しい状況の学生生活が続いています。
こもちゃんとおみやちゃんは、SDGirlsの活動でいろんな人と出会い、いろんな経験がたくさんできて嬉しいとお話されていました。
私たちや高齢者の皆さんもまた、お二人のような若い人と一緒に折り鶴プロジェクトに取り組めることが希望につながっています。

折り鶴がゆめ伴プロジェクトとSDGilsをつなぐ架け橋に、
そして、高齢者と若い世代をつなぐ架け橋になりました。

これからのお二人の活躍をみんなで応援していますね!

0902認知症.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 09:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください