2017年05月19日

すぐに始められる認知症予防あれこれ!

松下介護老人保健施設の医師の大野 悦子と看護師の浅田 久子です

急に、暑くなりましたね(;^_^A
土曜日は、FM-HANAKOさん主催のフリーマーケットに出店したんですが、
陽射しが強くてテントの陰にみんなかたまってました!

フリーマーケットへの参加は今回初体験。
施設の利用者さんやボランティアさんと
ブローチやぬいぐるみなど沢山の作品を作りました。
どれだけ売れるかドキドキでしたが、
おかげさまで ほとんど売れました。ヤッタ(*^◯^*)

 170519-2.jpg

  ★フリーマーケットの様子です!


さて、今回は認知症予防として
脳の鍛え方の紹介と
それから、
リスナーの皆さんと実際に頭の体操をしてみました。
いかがでしたか?
少し難しかったですか?

でも、大丈夫
少し難しいぐらいがいいんです。
それと、
楽しく続けることが大事でしたね。
だれかと笑いながらやれば最高です

次回も、たっぷり頭の体操を紹介します。
書く物を用意して、是非、聞いて下さいね

また、
私はこんな頭の体操をしているよと
いうものがありましたら
教えてくださいね(*^◯^*)

 170519.jpg


posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 17:34| Comment(0) | 認知症 | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

認知症の人にやさしい世界へ

こんにちは。NPO法人ことはじめの 森安美です
今回は、門真・守口を飛び越えて、世界的な視点!で認知症についてお話しをしました。

実は、4/27~4/29に京都で開催された
国際アルツハイマー病協会国際会議に参加し、
いろんな国の認知症に関する状況や取り組みを聞いてきました。

 170505-2.jpg

今後、東南アジアやインド、中南米でも医療の発達で長寿となり、認知症の人が急速に増加すると見込まれています。

認知症は、どこの国でも治療できる魔法のお薬が今のところありません…
だからこそ、認知症の人が暮らす地域社会やご近所さんの優しさが、何より効果的なお薬であることは世界共通でした!

でも…どこの国でも実はそれが一番難しいのです

一番大きな壁は認知症に対する人々の「偏見」という意識。
私たちの地域社会でも、私自身の心の中にもまだまだ偏見はあります。

「認知症の人」ではなく「認知症とともに生きる人」と意識を変えることが大切だと感じました。

多くの人は何らかの病気や困難とともに生きています。
「糖尿病とともに生きる人」「がんとともに生きる人」「心臓病とともに生きる人」…。
そこには何の違いもありません。

「認知症とともに生きる人」が笑顔で暮らせる門真・守口となりますように

そうなれば、世界から視察団が訪問すること間違いなし
よ~し!なんだかテンションが上がってきました~

 170505-1.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 21:08| Comment(0) | 認知症 | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

認知症を取り巻く40年の変化

こんにちは。NPO法人ことはじめ 森安美です

今回は、認知症をテーマにした映画を2本ご紹介しました。

ご紹介したのは、
今から44年前の1973年に上映された「恍惚の人
そして2015年に上映された「徘徊ママリン87歳の夏」です。

「恍惚の人」は、1972年新潮社から出版された有吉佐和子の長編小説で、森繁久彌主演で映画化されました。

当時、認知症のことを一般的に知らない人が多かった時代のため、大変衝撃的だったそうです。

なんと、タイトルの「恍惚の人」は当時流行語になったんですって。

家族がお世話をするのは当然であり、「介護は嫁が担うもの」という社会が描かれています。


40年の時を経て、今は「介護は社会で担うもの」という理念で介護保険が利用できるようになり、以前よりは家族の介護負担は軽減できているはずです。

ですが、介護保険が赤字財政となっており、所得により自己負担額が上昇したり、介護度によって利用できるサービスが制限されるなど、厳しい状況が続いています。

これから40年後はどんな映画が上映されているのでしょうか。


今、介護人材が慢性的な不足状態で、今後さらに不足する見込みです。
そこで密かに期待されているのが介護ロボットの技術。

介護はロボットが担うもの」という社会になっているかもしれませんね。映画も認知症の人と介護ロボットの友情物語になっていたりして?!

「え~っ??昔は人間が入浴や排せつのお世話をしていたの?信じられな~い!」という時代がくるかもしれませんね。

ちょっと複雑な心境です…

 170407.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 21:34| Comment(0) | 認知症 | 更新情報をチェックする