2017年12月01日

充実した1年でした!

こんにちは。NPO法人ことはじめ 森安美です

今回は、今年最後の出演となりましたので、私の1年間を振り返ってみました。

今年は、中学生の息子が思いがけず1か月入院し、私は介護者となったことからスタートしました。
(今は全快し元気に走っています)

救急で搬送された先の病院で、約1か月入院、私も病院に泊まり込みとなりました。
不安の中、お医者さんや看護師さんがかけてくれる言葉一つ、対応一つで、どれだけ心救われたことでしょう。

そして対応してくれる看護師さんとのちょっとしたおしゃべりも楽しみのひとつに。
若い看護師さんには「なんで看護師さんになろうと思ったん?」とか
ママさん看護師さんには「子どもさん、保育園で楽しくすごせてる?」とか
おばちゃんトーク全開になっている自分が可笑しくなりました

でも、他愛もない会話の中からその人となりを知ると、ぐっと親近感がわいてきます。
そのことが、私の不安を和らげることにもつながったように思うのです


考えてみれば、私も担当している利用者の方のお宅を訪問すると、私の子どものことや家族のことについて色々聞かれることが多く、雑談もたくさんしてましたが、それは大切なコミュニケーションなんですね。
親近感が増しすぎて?以前は「うちの息子の嫁に~」とよく言われました(笑)


そんなことで、入院していた時間は、医療スタッフの皆さんの優しさに包まれ、なんだか幸福感すら感じていました

介護者の立場になってみると、日ごろケアマネジャーの仕事で関わる介護する家族の気持ちが痛いほどわかりますね。そして、私たちケアマネジャーのかける言葉や対応一つで、介護者の気持ちに大きな影響を与えることにも気づきました。

いま、振り返ってみると、この入院経験があったからこそ、充実した1年だったと思います。
お年頃の息子と入院先でまったりと共に時間を過ごせたことも、良かったかも(笑)

皆さんの1年はいかがでしたか?

その時は悪いと思う出来事も、振り返ってみれば、どれも自分に必要な良い経験だったと思い返すことができるのではないでしょうか。

さあ、今月は2017年の自分自身の心の棚卸をして、新たな気持ちで2018年を迎えましょう

皆さま今年1年、どうもありがとうございました!!!

 171201.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 22:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

~ 認知症に限らず誰もが住みやすい街づくりを みんなで ~

松下介護老人保健施設の医師の大野 悦子と、看護師の浅田です。

もうすぐ師走ヾ(≧▽≦)ノ  
1年が早すぎる! な~んて、嘆いている方・・・・・同感です。
さらに、12月といえば忘年会シーズンですね
お互い、飲みすぎ・・・食べすぎ・・・には気をつけましょうね~

今回の放送では、11月12日の日曜日に門真市民プラザで行われた
RUN伴+門真に仲良し4人組で参加したので、
その時の様子や感想をお伝えしました。
お揃いのオレンジのTシャツを着て、朝から夕方まで結構な距離を歩きましたがヾ(≧▽≦)ノ
心配していた筋肉痛もおこらず、
月曜日から元気に出勤できました\(^o^)/

  171117-2.jpg

10月に守口市でも、同じような認知症啓発活動として守口らんらん♪が行われましたし、数年前に比べると、認知症に対しての理解者は増えてきているなと思いますが、皆さんはいかがでしょうか?
「認知症になっても誰もが住みやすい街づくり」の輪が、
もっともっと広がって欲しいですね

色々な行事に参加する事、ボランティアなどへの参加など、
なにかしら社会参加することは認知症予防や体の活性化に
繋がりますので、みなさんどしどしお出掛けくださいませ!!
ただ、これからインフルエンザや風邪の流行る季節ですので
ご無理はなさらないでくださいね。

  171117-1.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 22:24| Comment(0) | 認知症 | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

みんなでつなごう!門真の輪~!!

こんにちは。NPO法人ことはじめ 森安美です

今回のゲストは、11/12(日)に開催される「RUN伴+門真」の実行委員長、角脇知佳さん。

角脇さんは、デイサービスりんく門真の施設長さんです。

「RUN伴+門真」とは、認知症の方や家族、支援者や市民などが、助け合いながら門真の町を共に歩き、伴に走るイベント。

参加者全員、おそろいのオレンジ色のTシャツを着用するのですが、背中にはれんこんマークとともに「みんなでつなごう 門真の輪」と書かれています!

171103-2.jpg

みんなでつながれば、認知症になっても暮らしやすい門真のまちになっていくはず

そんな想いで、角脇実行委員長をはじめ、実行委員の皆さんが熱い想いで準備をすすめています。

昨年に引き続き、2回目の今年は、門真市スポーツレクリエーション大会のプログラムの一つとして開催。

門真市民プラザをスタートし、市内3コースを走行し、門真市民プラザのゴールをめざします。

途中、高齢者施設や病院を中継地点として経由するのですが、今年は、なんとイオン古川橋駅前店も中継地点に

さらに、イオンでは認知症の方や高齢者が出演する「RUN伴コンサート」が同時開催されます

これは、まちがえたってOK~!なコンサートです。

認知症になっても、介護が必要になってもいきいきとステージに立つアーティスト?の皆さんに大きな拍手を!

そして、11/12(日)門真の町でオレンジTシャツを着て、歩いたり走ったりしているランナーを見かけたら、応援してくださいね~

171103-1.jpg
posted by FM-HANAKO 認知症ほっとサロン at 23:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする